FC2ブログ
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ICE-CREAM

When I came back home, I would like to have had "my" ice-cream but I couldn't find it.

"Hey! Did you snitch my ice-cream I've saved?"
I asked my husband, OYABIN.
"What? I don't know." he replied.

"You liar. No doubt you did."
"Non, I don't know. I guess that the thief was a mouse."

"(What!?) Hmm... that makes sense. What a polite mouse to eat the ice-cream with a spoon and throw out the empty cup to the garbage box." I gave him sideways glance.

"Hahaha...! You win! I did. Sorry...(w)"

I could arrest the "thief-rat" safely, but my ice-cream had vanished away.
Blah...


家に帰って、アイスクリームを食べようと思ったのに見当たりませんでした。

「ねー!私が取っておいたアイスクリーム食べたでしょ!?」
オットのオヤビンに聞いてみる。
「え?知らないよ。」と答える彼。

「うそつき。食べたねー。」
「えー、知らないよー。きっとネズミじゃない?」

「(何っ!?)ふーん。。。なるほどねー。スプーン使ってアイス食べて空のカップをゴミ箱に捨てるなんてずいぶん行儀がいいネズミだよねぇ~。。。」と横目でにらむワタシ。

「あはは。面白い。(笑)食べた食べた。ごめんごめん。(笑)」

無事に『泥棒ネズミ』は捕まえられましたが私のアイスは消えました。。。
ちぇー。


14:07 | Life
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。